低用量ピルは、ほとんどの産婦人科で処方を受けることが可能です。ただし希望者がいない場合や公立病院などの理由で一部の病院では処方していない場合もあります。それではピルを病院で購入する場合のポイントをご説明していきたいと思います。

ピル服用後の腹痛の原因と卵胞について

ピルを初めて服用すると、腹痛や吐き気などの症状が出る場合があります。これは、ピルに含まれる女性ホルモンによって、体内のホルモン環境が変わったためで、一時的な副作用です。しばらく飲み続けると軽減されますが、続く場合には、薬が身体に合っていない可能性がありますので、医師に相談して別の種類のピルに替えるとよいでしょう。
また、ピルによって便秘したことが原因による腹痛もあります。この場合も、慣れるに従って解消されますが、それまでは通常の便秘対策と同様、食事の改善や水分摂取、運動などで対処しましょう。
ピルが妊娠を防ぐ理由の一つが、排卵の抑制です。月経初日から排卵まで、性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、これに刺激を受けた下垂体は、月経2日目から排卵まで卵胞刺激ホルモンを分泌します。これにより卵胞は卵巣内で育ち、卵巣から卵胞ホルモンが大量に放出されていきます。卵胞が十分育つと、黄体化ホルモンが分泌されて排卵が起こり、卵胞は黄体になって卵胞ホルモンと黄体ホルモンを分泌します。黄体ホルモンが分泌されていると、黄体化ホルモンは放出されないため、この仕組みを活かして、排卵を防ぐためにピルには黄体ホルモンが含まれています。既に排卵した後のホルモン状態を仮に作り出していることになります。
月経初日からピルを飲み始めると、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌が抑えられるため、その日から避妊効果が得られますが、開始が遅れたり、飲み忘れた場合には、排卵が起こるケースもあります。排卵の際に、人によっては排卵痛を感じる場合もありますので、ピルを正しく服用していなかった場合の腹痛は排卵痛の可能性も視野に入れ、他の避妊方法を併用してください。